お金についての意見と感想について

わたしの思うおかねへのイメージはそれほど良いものではありません。お金があることによって幸せになれるという方が多くお金さえあれば何でもできるという考え方の方が多くなってきている気がするからです。かつて同居していた私の父もこのようにお金さえあればいいという考え方を持っていた方でした。たしかにお金があることによって今の暮らしは成り立っています。ですが、あまりお金にばかり執着しているといつか本当に大切なものを失うことになってしまうようなそんな気がするからです。

 

 

今の世の中ではそういったお金のもらい方も様々で日々従事している仕事、業務から会社側が利益を受け取りその報酬としてお金を受け取るというシステ?が一般的です。精神障害や、身体的な障害によって働くことが困難な場合には国が負担してお金を払ってくれるという場合もあります。その分今の日本は、負担が大きく国の抱える借金が増えていっているという話もあります。日本の経済状況がつぶれるなどという事態が起こってしまいます。

 

そういった事態を避けるためには、働ける人間がしっかり働くことが重要なことだと考えています。今の日本では家庭の状況が働くことの弊害となっていることも少なくありません。いざという時に困ることにならないように子供のうちからたくさんの経験を積んで日本のためにも自分のためにも幸せな状況を作っていくことが大事なことなんだと思います。そうでなければ国はおろか自分自身も幸せでないつらい状況になってしまう恐れがあります。

反省と掃除で、気分も運気もリフレッシュ

最近スロットで大きく負けてしまって、ちょっと金欠気味です。


じつは、土日キャッシング(笑)の常連でした。

 

やはりギャンブルで熱くなるのはいけませんね。

 

まぁ過ぎたことは仕方がないので、今後はもう少し良いお金の使い方をしようと思います。

 

 

とりあえず現実問題としては、給料日まで金銭的余裕がないということです。

 

貯金を崩すのはなんとなく嫌なので、この際部屋の掃除も兼ねて、あまり使わないもので売れそうなものは売ってしまおうかと思いました。

 

 

 

ここ最近はろくに部屋も掃除していなかったので、本当にちょうど良いですね。

 

さてそんなわけで早速仕分けを開始しました。

 

とりあえずいるもの(洋服やよく使う電子機器)は寄せておきます。

 

次に、売れそうなものといらないもの。

 

 

 

売れそうなものは本や使わなくなったタブレット、ゲームソフト等がありました。

 

本はもうほとんど読んでいないものを売ればスペースも空くし、タブレットは違うものもあるので、中のデータは移して初期化して売ることにしました。

 

 

 

あとは古着やどうにも売れそうになさそうなものはまとめて処分することに。

 

 

 

本は100冊以上あったので、まとめるとなかなか重かったです。

 

しかし売ってみると、古本と中古ゲームで買い取りが2万円以上になりました。

 

値段はピンからキリまでだったのですが、意外と良い値段で売れたのは嬉しかったですね。

 

 

 

タブレットのほうは、中古でPCや電子機器を買い取りしてくれるところへ持っていきました。

 

こちらは買い取り価格は7000円。

 

 

 

部屋も片付いて、思った以上に売れたのは良かったです。

 

 

 

部屋が片付くと気持ちもリフレッシュされたし、給料日まで余裕ができたので安心しました。

 

まぁ今後は、無駄になりそうな金の使い方はしないようにしていきたいと思います。